梅雨空

f:id:karigari:20150628105515j:plain

 

ドリップの残り余さずうつしかえ
朝いちばんの珈琲淹れる

家中のこうもり傘をなべて干す
四人家族で五本と半分

チョコレートひとくち齧り子が開く
勘定科目ハンドブック

梅雨空を切り裂くものはなにもなく
 ただ蒼々と樹木繁れり

さっきから金魚屋きんぎょ売らずして
店頭でただ孫めでてをり

背後から呼び止められて振り向けば
 雨脚だけが激しくなりぬ

老いし母の手をとり歩く母よりは少し若い娘(こ)
 夕暮れの町