飛び石

f:id:karigari:20150630120356j:plain

 

春すぎて夏が来たのに
湯たんぽのしまい処を思い出せない

かつてこの井戸にすいかが冷えていた
ことさえ封じる蓋の重石よ

飛び石を伝った先は暗がりで
 どこへも辿りつかぬ暗がり

病院はチューブわさびの匂いだと
誰に言ってもわかってくれない

診察の予約漏れてゐし老夫婦
いわれるがまま後先になり

病棟の七夕飾り賑々し
 採尿カップ手渡されている

路線バス追いかけてゆく夏帽子
 飛ばないようにスマホで押えて