silence

f:id:karigari:20150711112256j:plain

 

沈黙に気づまりをして空っぽの
カップなんども口まで運ぶ

砂抜きのあさりはどこのなんという
海の干潟の砂にまみれて

足元に転がってきたゴムボール
拾うよりさき礼を言われる

ほんとうは学校どうだとききたくて
浦和レッズの調子たずねる

梅雨明けたような青空
いっせいに夏の風立つ生活道路

沈黙に気づまりをして窓の外
 通りを歩く人ばかり見る