f:id:karigari:20150720124247j:plain


その海は夜中こっそり残飯を
捨ててた海とつながっている

カスピ海ヨーグルトにはカスピ海
あまり関係ないかもしれない

海岸の夜のテントは波音と
ランタンの灯と潮の香りと

坂道の上と下では鳴いている
蝉の塩分濃度がちがう

九十九折り自転車のペダル廻るまま
下りきったら海が広がる

青空に浮かんだ雲や鳥たちが
魚だったらぼくらが星だ

暮れがたの岬のさきの
防波堤灯台に好きなひとの名をかく

外国の船員さんもやってきて
ポルノの殿堂「港町映画館」

海の日の台風一過
 本日は晴天なれど波やや高し

砂浜に埋められし死体のごとく
二十秒間息を止めけり