二百十日


二百十日よけいなことを言いすぎて世間を狭くしてばかりいる

内心は忸怩たるものあるけれど身から出た錆 干しいもを噛む